健康政策

JECは、学生と教職員の健康状態を常にチェックすることを優先しています。私たちは常にJECで医療支援を受けて、 プロトコルに従って健康状態を判断しています。普遍的な技術「手洗い」から始まります。

子供を学校に行かせるべきかどうかを判断するにはどうすればよいですか?

学校では出席は必須ですが、教室で学ぶのに適していない病気の学生は、クラスメートや教員に問題を引き起こす可能性のある伝染病を広めます。お子さんを家に連れて帰って休むのが一番です。

次のような場合は、お子様を送らないでください。

  • 子供の体温が37.5℃以上に達した

  • 寒気

  • 過去24時間の下痢

  • のどが痛い

  • 持続性の咳

  • インフルエンザ、この病気の場合、子供は5日間、または学校に来ても大丈夫な場合は医師のアドバイスがあるまで学校を休まなければなりません。

授業時間中の薬の摂取

薬用摂取フォームは学校から提供されます。

☆出席中の与薬について

与薬依頼書を用意しています。ご記入後の与薬のみ対応しています。